『火垂るの墓』と御影公会堂

恥ずかしながら、ジブリの『火垂るの墓』を今日まで観れずにいた。何となく、観るときっと辛い気持ちになる、それが嫌だと言う逃げから観ることができなかった。

しかし、『火垂るの墓』を観て、現在も残る御影公会堂に足を運びたくなった。阪神石屋川から徒歩10分程度北に行った場所。そこに御影公会堂がある。空襲後に唯一残った建物だ。映画と同じようにすぐ横に石屋川が流れ、南には松の木が目に入る。現在は埋め立てられているが、昔は映画と同じように砂浜が広がっていたのだろう。

画像


御影公会堂の設計は清水栄二、1933年(昭和8年)に地元の酒造家・嘉納治兵衛氏(白鶴酒造の創業者)の寄附によって建てられた。

画像


画像


直線・曲線の組合せ、贅沢な材料で丁寧に造られた建物。そんな印象だ。

画像


画像


3階建ての割には太いどっしりとした柱である。この柱で空襲も震災も乗り切ったのだ。

画像


画像


壁の塗装が剥がれ、窓枠も錆び付いてきている。そこに時代の流れを感じるとともに、時代時代に人々が何を考えていたのかなどと思いを馳せる。

画像


画像


外観もかなり意匠が施されている。今の時代に同じものを造ったら一体どのくらいのコストがかかるのだろうか。

画像


画像


御影公会堂は現在も公会堂として機能し、様々な方法で使用されている。地下には洋食屋もあり、重厚な空間で食事をとることができる。

戦争も震災も見てきた御影公会堂。この階段や通路を通ったであろう人の影。トップライト等で内部は明るいはずなのに、石という素材や太い柱の影響か重い空気を感じ取る。これが歴史の重みと言うものなのだろうか。最近では、バリア―フリー対策などもあり、古い建物も壊される傾向にある。残す価値のない建物という言葉を口にする人々もいる。建物の価値は一体誰が決めるのか。それなら何故造ったのか。。。

この御影公会堂はこのまま残って、そこに居てほしいと願う。

この記事へのコメント

kou
2008年07月07日 17:40
今度実写版で映画がありますね
関西でもあるのかな・・・
御影公会堂 私も足を運びたくなりました。
近いうちにいってみます。
you
2008年07月07日 22:26
kouさん
こんばんは!
kouさんだったらどんな写真を撮るのかなって思いました。きっと素敵な写真でしょうね☆
映画の実写版はどんな感じなんでしょうね。観てみたいです。
御影公会堂のオムライスも是非食べてくださいね!!
hate
2008年07月08日 15:24
こんにちは。私もこの春帰省した際ちょっと覗いて見たことがありました。恥ずかしながら、御影は私が生まれ、幼少の頃を過ごした町なんですが、その建物が貴重なものであることすら忘れてた様なもので…次はもっとじっくり見たいです。(改めて見逃してることが多いって実感してます)
you
2008年07月09日 00:04
hateさん
こんばんは!御影生まれなんですか!それでは小さな頃から御影公会堂や神戸の山や海に慣れ親しんでらっしゃるんですね。
身の回りにいつもあるものは、いつしか単なる日常になってしまうことが多いように思います。私も忙しすぎると何もかも見逃していそうで怖いです。
でも、他の人が素敵と思うものが自分にとっての日常というのは贅沢なことかもしれませんね!
2008年07月11日 00:43
こんばんは。

洋食屋さんですか、ぴったりですね!(笑)

最近、よく思うのです。

ディテールはディテール単独で成立させていて、
全体の雰囲気と関連していない建物が多い、と。

昔というくくり方はしたくありませんが、
この建物は、間違いなく合ってそうですね!
noriko
2008年07月16日 23:27
ひさしぶり!相変わらず素敵な写真ですねー。御影公会堂。
地元でいつも前を車で通っているのに、一度も入ったことがありません。御影界隈にはどっしりと歴史を物語っている乾邸のようなお屋敷、しっとりと佇んでいる日本家屋などがけっこう残っている所だと思います。
ところで私は最近時間を見つけては美術館やギャラリーをのぞいています。心が自由に動くって楽しいよね!
リョウ
2008年07月23日 01:37
初めてコメントします。
いい写真ですね。
御影公会堂はいつもよく目の前を通ってます。
古い建物やなーとしか思ってませんでした。
近所なのに気付いてないモノって、きっとたくさんあるんだろうなって思いました。
youサンみたいにもっと感受性豊かに周りを見渡していきたいです^^
2008年08月10日 00:17
照明器具と丸窓がユニークです。
丸がモチーフになっている部分が多いですね。

火垂るの墓 実写版待ち遠しいです ラストは悲しいでしょうけど
you
2008年08月24日 18:42
noriko
久しぶり!元気?一度も入ったことがないの??それは是非一度内部に入ってみるベキ!
ギャラリーや美術館に行くと何かしらの刺激を受けるよね。些細な心の動きでもきっと大切なことなんだろうね。       
you
2008年08月24日 18:44
リョウさん
こんにちは!コメントありがとう!返事書くの遅くなってごめんね。また色々見に行こう!きっと見落としているものがたくさん有るはず・・・
you
2008年08月24日 18:48
しゅうさん
今晩は。お久しぶりです!確かに丸みが多いですね。歴史とともに外観の色もくすみ、それが更に丸さを深くしているような気がします。

この記事へのトラックバック